おじいちゃん

こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの木村です。

今日は昨年12月に亡くなった私の祖父についてお話したいと思います。

私の祖父は大正15年生まれの京都育ち。高等学校の数学の教師をしており、校長先生もやっておりました。

とてもお酒が好きで、「給料日になると家に帰ってくるまでにお給料は飲み代で無くなってた」と祖母が言うくらいでした。

お酒を飲むと、とても気性が荒くなり暴言の数々…小さい頃は酔っぱらっている祖父がとても怖かったように記憶しています。

しかし、私の父と母が共働きだった為、私と妹をとても可愛がってくれました。静岡に旅行へ連れていってくれたり、おじいちゃんのタバコを買いに行くのについて行くと必ず喫茶店でパフェを食べたり、ドライブにもよく連れていってくれました。

私が大学生になり大阪へ出ると、いつも私の帰りを楽しみにしてくれていたようです。

60の半ばだったと思うのですがリウマチにかかり闘病生活になってからもとても元気に暮らしていましたが、70歳を超えると人工透析になりました。週3回の人工透析はとても辛かったようで、透析の日は病院から帰るとグッタリでした。家から病院までは車で20分。お迎えのバスもあったのですが、頑固な祖父はそれに乗らず、自分の車で常に通院していました。

88歳を超えるとついに車もリタイヤし、本格的に介護が必要な状態となりました。お風呂やトイレの補助はもちろん、食事をするのも一苦労でした(人工透析のシャントが手首に入っているため、うまく手首が回らなかった為です)。

ヘルパーさんも来てくれていましたが、父が熱心に介護をしてくれていました。父も母も祖母も、祖父の介護にはかなり体力的にも精神的にも疲れがでていました。去年の4月に介護の為に家をバリアフリーに構築。京都の田舎は冬がとても寒いので、お風呂にも暖房とつけたのですが…結局、2回しか使わずに祖父は他界してしまいました。

大好きだったお爺ちゃん…もっともっと実家に顔を出してあげたかった事をとても悔やんでいます。

またこの思いを世の中の高齢者の皆さまへサービスとして提供できるように日々努力していきます。

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター

木村

img_4466-1

img_4466

 

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP