老後の準備…

こんにちは。
横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの木村です。

近年、日本では医療の進歩などにより平均寿命が大きく伸びて世界で最も平均寿命が長い国となっているようです。

高齢化率は出生率の低下に伴い、現在は26%にまでなっています。
1935年は4.7%…これを比べると大きく水準が上がっています。

現在は男性が80.79歳、女性が87.05歳という平均寿命ですが、まだまだ伸びると厚労省は分析しているようです。

75歳以上の5人に1人は要介護であり、要支援を含めると、4人に1人になります。
介護の費用総額は平均で約300万円になり、これだけ確率が高いと保険に加入して備えるのは適切なのでしょうか?

自分が要介護状態になったときの為に、経済的な準備をされていますか?

生命保険文化センターの調査では

準備している
と答えた方は….42.1%

準備していない
と答えた方は….55.4%

準備している方で預貯金で準備されているのは30.2%という事でした。

介護保障の準備に対して「足りない」と感じている方は73.9%となり、大半の方が老後に不安を覚えていると言えます。

私の両親も60歳を超えました。
介護が必要になったときの為に、老人ホームや介護の費用など経済的な準備をしておかなければならないと考えさせられます。
皆さんは、どうされているでしょうか??
横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター  木村imgres

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP