老人ホームはどれくらいの頻度でお風呂に入れてもらえますか?

■老人ホームで快適な生活を送る為に・・・
お風呂好きなお年寄りにとって、老人ホーム入居後お風呂にどのくらいのペースで入ることができるか、心配になります。
これが、入居する条件に入るという方も少なくはありません。
いざ、入居したけど毎日お風呂に入ることができないとなると、毎日の生活が不快になってしまいます。
そうならない為に、老人ホームではどのくらいのペースでお風呂に入るのか、紹介していきます。
■特別養護老人ホームと有料老人ホームの場合
老人ホームでのお風呂は、介護の度合いによって異なってきます。
自分で生活をすることができるというお年寄りの場合は、毎日入浴をしても問題ありません。
ただ、介護が必要になってしまう場合は介護をしてくれるスタッフがいないと、入浴することができません。
有料老人ホームに関しては、お風呂の回数が施設ごとに違っており、一般的には、週に2~3回程度になっています。
回数に関しては、老人ホームの方へ事前に聞くことができるので、確認をsいておきましょう。
週2~3回ですので、もしかすると入浴をすることができない場合もあります。
お風呂に毎日入らないと気が済まない・・・という場合は、週に3回以上入浴できる老人ホームを検討してみるといいでしょう。

■入居前にチェックするのはまだある
夏場は特に、汗をかくので入浴がたくさんできる老人ホームが好ましいと思う方もたくさんいます。
しかし、お風呂に入れるかどうかだけではなく、お風呂をどのように管理しているかもチェックしましょう。
老人ホームのお風呂は大浴場になっていることが多いです。
ですから、お風呂の掃除頻度もチェックする必要があります。
この掃除頻度やお風呂の見学に関しては、担当者がいないと見学することができない老人ホームもありますので、事前に確認をとっておくようにしましょう。
お風呂は、老人ホーム施設の1つですので、もし何度言っても見学させてくれないという場合には、お風呂以外に問題があるところがあるかもしれませんので、入居を避けた方がいいでしょう。

お風呂を見学することができた場合次のことをチェックしましょう。
まず、浴槽や脱衣所は綺麗かということです。
これは清潔感を保っているかという点で確認しておくべきことです。

他には、老人ホームでは一般浴槽と機械浴槽が使われています。
機械浴槽は介護が必要な人が入るお風呂で、多くの老人ホームではこちらの利用率が高いです。
機械浴槽をメインで使っている老人ホームの場合、一般浴槽へのお手入れが怠慢になりがちです。
一般浴槽は使っているのかどうかなどの確認をしておくと、より安心できます。

images

このように、お風呂に関して入浴できるかどうかのポイントも大事ですが、お風呂の状態がどのようになっているのかも必ず確認するようにしましょう。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP