脱水症予防

脱水症予防

皆様こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 相談員の大竹です。

本日は夏場には欠かせない、脱水症の予防についてお話しさせていただきます。

脱水症とは体液が不足している状態のことをいいます。

体に含まれる水を体液と呼び、体液は体の60%を占める水分やミネラル、タンパク質などから構成されています。

脱水症は何らかの原因により、体内に必要な水分とミネラルの一つであるナトリウムが不足してしまっている状態を指します。

高齢者や乳幼児は、必要な水分量や水分不足を感じにくいことがあるため、特に注意が必要です。

水分が失われると血液濃度が高くなります。

それにより血行が悪くなると、体調不良だけではなく心筋梗塞や脳梗塞などを誘発する危険性があります。

脱水症にならないためには、喉の渇きを感じる前に水分を補給することがとても重要です。

例えばいつもよりコップ1~2杯分多くの水分を摂ることを心掛ける。

水分が不足しがちな入浴の前後、就寝の前や飲酒の前後など、日々の生活の中で小まめな水分補給を意識していきましょう。

脱水症は日々のちょっとしたことを注意することで、十分予防ができる症状です。

予め必要な水分補給をしておくことで、様々なリスクを減らすことが期待できます。

日々の水分補給を心掛け、脱水知らずの健康な生活を送りましょう。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 大竹

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP