ケアマネージャーの仕事とは?

ケアマネージャーの仕事とは?

こんにちは、

急に日中温かくなり水分補給の大切さ改めて感じている

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターの

三好星也です。

 

今回はケアマネージャーさんの仕事についてご説明させていただきます。

①ケアマネージャーの役割

 

ケアマネージャーさんの役割は、介護や支援を必要とする方の相談や、お体の状況に合わせ、訪問介護やデイサービスといった介護サービスを受けられるようにケアプランを作成すること。そして自治体・事業者・施設などと連絡調整を行うこととされています。

②居宅のケアマネージャーさんと施設ケアマネージャーさん

 

居宅ケアマネージャーさんは居宅介護の利用者さん向けにケアプランを作成するのが仕事です。担当できるのは35件以内で基準よりも多く担当すると行政指導される可能性があり注意しなければなりません。

一方、施設のケアマネージャーは特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設利用者さん向けにケアプランを作成するのが仕事です。                 担当件数は100件以内となっております。

 

③ケアマネージャーさんと生活相談員の違い

ケアマネージャーさんに似ている職業に生活相談員があります。生活相談員の役割は、利用者さんからの相談や介護士さんや関係各所への連絡調整です。相談や連絡調整という部分ではケアマネージャーと重なる部分もありますが、ケアプランの作成はケアマネ―ジャーが行います。

最後に

私、ハピネスの三好星也は常にご本人ご家族様にとってより良い提案や、サポートできるよう、

インターネットの情報や折り込みチラシだけではわからない施設の細かい情報や、

ホームそれぞれの特徴をお調べ調査し、ご本人ご家族様がきちんと納得できるよう、

努めておりまいります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター   相談員三好

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP