ADLとは?

ADLとは?

皆様こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 相談員の大竹です。

本日はADLについてお話しさせていただきます。

日常生活動作を「ADL」と呼ばれ、日々の生活を送る上で最低限必要な動作の事を指します。

ADLとは「Activities of Daily Living」の略称のことです。

実際にどの様な動作を指すかというと、まとめたものが以下になります。

・起居動作(立ち上がりや起き上がり、寝返りなど)

・移乗(車椅子へ乗り移りなど)

・移動(歩行方法、車椅子での移動など)

・食事

・更衣(衣服の着脱など)

・排泄(トイレやおむつなど)

・入浴

・整容(洗面や歯磨き、お化粧や髭剃りなど)

 

ADLは高齢者や障害者の方が日常生活上、どの程度の動作を行うことができるのかを示す指標です。

つまりADLが高いほど、自立した生活が可能ということになります。

 

ADLは動作の種類が主に2種類に分けられています。

ではそれぞれの違いや特徴をご説明させていただきます。

・基本的日常生活動作(BADL)

こちらは日常生活を送る上で、最低限必要な動作を指します。

ADLそのものを指すことが多く、BADLは人間らしい生活を送るために欠かせない動作です。

こちらに支障をきたしてくると、要介護度が高いと判断されやすくなります。

・手段的日常生活動作(IADL)

こちらは日常生活を送る中で、少し複雑な動作を指します。

具体的な例が以下のものになります。

 

・掃除

・料理

・洗濯

・買い物

・交通機関の利用

・電話対応

・金銭管理や服薬管理

 

LADLは複数の項目を組み合わせた一連の動作のことを指します。

ADLの低下が見られる時は、まず手段的日常生活動作の低下が見られ、基本的日常生活動作が低下していくことがほとんどになります。

 

次にADL低下の原因と対処方をご説明いたします。

・老化

年齢を重ねれば筋力や体力がどうしても落ちてきます。

またその関係から自然と運動や外出、家事をする機会が減少するため、ますます筋力や体力が

低下しやすくなってしまいます。

結果、日々の生活動作がおぼつかなくなってしまうことが多いです。

・生活習慣病や疾患、認知症など

寝たきりになることが多く、筋力の低下から身体機能が低下しADLも低下しやすくなります。

他にも神経疾患や関節疾患、認知症やお薬の副作用など原因は様々です。

少しでもADLの低下を防ぐためには介護をし過ぎないことも時には大切になります。

サポートが多くなると、本来自身で出来ていたことが更に出来なくなってしまうことが多いです。

本人が自力で出来ることは、なるべく本人に任せるようにしましょう。

他にも福祉用具の活用や自宅のリフォームなどをすることで、ご本人が出来ることも増えてくる場合もあります。

また、日々バランスの良い食事の摂取や適度な運動を取り入れることで、ADLの低下の防止、時にはお身体状態の向上にも繋がります。

日々の生活習慣に気をつけて、お身体状態の維持に努めていきましょう

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 大竹

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP