毎年流行する○○の予防について!

毎年流行する○○の予防について!

皆様こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの大竹です。

本日は毎年流行するインフルエンザの予防方法についてお話しさせていただきます。

毎年インフルエンザが流行しはじめるのは、11月下旬頃からとなっており

1月~3月にピークを迎え、4月~5月に終息をするのが一般的です。

一般的な風邪は、様々なウイルスに感染することで起こります。

症状としましては、喉の痛みや鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で

全身症状などはあまり見られません。

インフルエンザほど高く発熱しないので、重症化することも余りありません。

一方、インフルエンザの代表的な症状は

38℃以上の発熱や頭痛、全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛に似た痛みなどが

比較的急速に現れるのが特徴となっています。

併せて一般的な風邪と同じような症状なども現れます。

ご高齢の方や免疫力の低下している方などは

肺炎に伴う可能性があり、重症化につながる恐れもあります。

 

では、具体的にどのような予防が効果的かについてご説明させていただきます。

① インフルエンザが流行する前にワクチン接種を済ませる

ワクチンの接種をすることで、感染後に発症するリスクの軽減や

発症時の重症化防止にも効果があります。

➁ 小まめな手洗いとうがいをを心掛ける

インフルエンザに限らず、飛沫感染や接触感染などを

感染経路とする感染症対策の基本となります。

更にアルコール除菌を行うことで、より衛生効果が見込まれます。

③ 保湿の維持

空気が乾燥することで、気道粘膜の防御機能が低下します。

乾燥がしやすい室内では加湿器などを使用し、湿度を50%~60%くらいに保つと効果的です。

④ バランスの良いお食事と十分な休養を忘れずに

ウイルスから体を守るための抵抗力を得るためにも

しっかりとした栄養摂取と十分な休養がとても大切です。

⑤ 不要な外出は控える

コロナウイルスの感染対策でも同様ですが

人混みや繁華街への不要な外出は控えましょう。

 

日々健康にお過ごしができるように、毎日の感染対策を心掛けていきましょう。

 

今年最後のお役立ち情報となりましたが

最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

来年も横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターを

どうぞ宜しくお願い致します。

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 大竹

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP