介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

皆さまこんにちは!

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの原口です。

本日は、有料老人ホーム探しにおける質問ランキング第一位(当社調べ)の

「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の違いについてご説明します。

 

有料老人ホームには、「介護付き有料老人ホーム」

と「住宅型有料老人ホーム」という2種類があります。

この2つの老人ホーム、見た目では違いが分かりにくいのですが

最大の違いは「介護保険料の使い方」です。

 

老人ホームでは、介護保険を使って介護をして貰います。

それぞれの方の介護保険を使ってケアマネージャーさんがケアプランを作ります。

ケアプランに沿った介護をして貰うのは

介護付き有料老人ホームも住宅型有料老人ホームも一緒です。

 

ただし、介護付き有料老人ホームでは介護保険料の負担割合額を

全額入居している老人ホームに支払う仕組みとなっています。

 

一方で住宅型有料老人ホームはご入居者様のお身体のご状態や

ご要望に合わせて介護保険を使うことが出来ます。

介護保険はポイントのような制度となっています。

例えば、居室の中に手すりを設置するために福祉用具のレンタルに介護保険を使う。

デイサービスに通うために介護保険を使う。

訪問リハビリに来てもらうなど入居している老人ホームに介護保険を使うだけでなく

介護保険料の点数をカスタマイズして老人ホーム以外のサービスを受けることが出来ます。

介護付き有料老人ホームでは、介護保険料を全額ホームに支払うため

ホームで提供されるサービスしか受けることが出来ません。

また、福祉用具のレンタルも自費になってしまいます。

外部のデイサービスに通うなどの自由度が低いといったデメリットがあります。

 

ただし、全ての介護を介護保険料の満額を上回らずに行ってくれるので

都度点数を消化していく住宅型有料老人ホームより

料金が分かりやすいというメリットもあります。

また、人員配置の基準が設けられており、ご入居者様3人に対して

1名以上のスタッフが配置されているのも介護付き有料老人ホームの良さです。

 

上記のような違いがありますので、ホームのメリット、デメリット

ご入居される方にとってどんな環境が好ましいか、要点を理解したうえで判断する必要があります。

 

老人ホーム探しでお困りの方は

是非ハピネス老人ホーム紹介センターにお気軽にご相談ください。

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 原口

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP