冬場の脱水症状について!

冬場の脱水症状について!

皆様こんにちは!

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの石本です。

今回は冬の隠れ脱水についてお話しさせていただきます!

皆様脱水といえば“夏!”を思い浮かべると思います。

そのため皆様意識的に水分補給等を行うのですが、冬はどうでしょう?

のどが乾かないな、廊下出たら寒いな、トイレ近くなるな…

様々な理由で水分摂取控えてしまうかと思います。

ですがそれは危険です。

冬は空気の乾燥により呼吸や皮膚からも水分は

蒸発していて自分が思っているよりも失われています。

そもそも水分は体内の50%~60%を占めていて

何もしなくてもおよそ2.5ℓの水分は出て行ってしまうのです…

お肌が夏よりも乾燥しているのは蒸発しているからです!

 

冬場の脱水は乾燥のほかに、集中力の低下・のどが渇く・立ち眩み等起こります。

水分を取らないと血液もドロドロになり脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

 

ではどのぐらい接種したらいいのかといいますと

一日体内や食事ではおよそ1.3ℓ作られているので1.2ℓは摂取してほしいところです。

そんなに飲めないよ!と私もさんざん言われましたが…

細かく意識的に摂取すると、そのうち習慣化していきます。

◎起床時・就寝前…

夏場同様に冬場も汗をかきます。

乾燥により皮膚から蒸発もしていますので

就寝前ですとトイレの心配もあるかと思いますが、コップ一杯分の摂取が理想です。

◎運動前後

運動後は想像つきやすいかと思いますが

運動前も実は摂取してほしいタイミングです。

これから運動をするのに水分がない状態で汗をかくと

血液はドロドロですし血栓もできやすい状態です。

◎入浴前後

特に入浴で浴槽に入るときがとても大切です。

入浴中は3ℓ~5ℓの水分を失ってしまいます。

水分、水分といいますが、夏場同様汗をかいたら塩分も必要です。

お茶やコーヒーは利尿作用がありますので

水分補給というよりは気分転換で楽しむにはちょうどいいです。

また、冷たいものは胃に負担もかけますから常温がおススメです。

 

冬場も意識的に水分を取ってお過ごしくださいませ!

 

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 石本

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP