グループホームとは?

グループホームとは?

皆様こんにちは、横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター チーフ入居コーディネーターの原口です。

本日はグループホームについて説明させて頂きます!

グループホームとは、「認知症」の診断が付いた、要支援2以上、65歳以上の高齢者が入居できる施設です。

お部屋は個室ですが、1フロアに9室という小規模な、家庭に近い環境で共同生活を送る制度になっています。

地域密着型サービスに該当するため、住民票のある市のグループホームにしか入居することが出来ません。

以上のように、入居のために「認知症の診断がある高齢者」かつ「要支援2以上」、「同じ市に住民票がある」という条件があることが、有料老人ホームと異なる特徴です。

 

では、上記に該当する方の中でも、グループホームはどのような方に適しているのでしょうか。

それは「共同生活」をおくる事が出来る方です。

グループホームは「共同生活」という側面が有料老人ホームよりも強い施設です。

小規模で家庭的であることも理由の一つですが、洗濯物を畳む、食事の準備や後片付けをするなど、簡単な家事をスタッフと共にご入居者様も行うため、「より生活感のある環境で過ごして欲しい」という想いを持ったご家族様がグループホームへのご入居をご希望されることが多いです。

 

そのため、入居の対象を「歩行が出来る方」に限定するグループホームや、車椅子の方でも、自走が出来るなど、ある程度自立している方に限定しているグループホームも多くあります。

有料老人ホームでグループホームのように家事の分担や、他の入居者の方との距離感が近いホームは決して多くは無いので、スタッフの方の手を借りながら、出来る事は自分でやって欲しい、と思われている方には、グループホームの方が適しているかもしれません。

 

私達、横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターは、認知症の方が安心して過ごせる施設探しのお手伝いをさせて頂いております。

 

グループホームや老人ホームを検討されている方は、お気軽に横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターまでご相談ください!

 

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター 原口

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP