看護師さんが常駐されている施設について

看護師さんが常駐されている施設について

本日もお役立ち情報をご覧いただきまして、ありがとうございます!

ハピネス老人ホーム紹介センターの渡辺です。

 

今回、有料老人ホームを選ぶ時の大きな基準の1つである、

看護師さんがいる施設についてご説明いたします。

 

まず看護師さんがいらっしゃる施設は、そうでない施設と比べて健康管理や医療サポートなど、医療面の受け入れ体制が充実しています。

看護師さんが駐在しているとはいっても、大きく分けて2種類に分けられます。

 

 

  • 日中看護

→基本的には朝から夕方までの日中、看護師さんが常駐されている体制のことです。

日々の健康の相談はもちろん、時間によってはインスリン注射やストーマなども対応してくだります。

 

  • 24時間看護

→こちらは夜間も看護師さんが常駐されている体制になりますので、たん吸引が頻回な方や退院はできるものの医療的なケアが重めな方でも、安心して生活ができます。

 

ご本人様の状況的に看護師さんが必要なのかどうか、

必要であるとすれば病状的に日中のみのケアなのか、24時間ケアが必要なのか。

 

もちろん看護師さんがいてくださると安心ですよね。

とはいえ、看護師さんが常駐されている施設はそうでない施設と比較して、

費用も高くなる傾向があります。

 

ただ看護師さんがいてくださればいい、ということではなく、おひとりお一人にベストな施設であることが大切だと思います。

他にも、医療法人が運営している施設や訪問診療の先生が強い施設など色々な施設があります。

 

 

わたしたちハピネスは看護師さんなど医療的な条件はもちろん、ご本人様のご状況・ご希望をお伺いしながらご家族様にも安心していただけるような老人ホーム探しのお手伝いをいたします。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

ハピネス老人ホーム紹介センター 渡辺

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP