介護サービスを利用するまでの流れ

介護サービスを利用するまでの流れ

皆様こんにちは

 

横浜市ハピネス老人ホーム介護施設紹介センター相談員の藤井と申します。

 

今回は介護サービスを利用するまでの流れについて説明をさせて頂きます。

⓵区役所や地域包括支援センターで要介護(要支援)認定の申請をします。

⓶心身の状態を調査します。(認定調査・主治医意見書の作成)

⓷審査・判定・認定(一次判定・二次判定を経て要介護度が認定)

⓸認定結果通知と介護保険証が届きます。(申請日から約1ヶ月かかります)

 

 

要介護1~5の認定を受けた方

・在宅生活の継続を希望する場合

⓵ケアマネージャーを決めます。

⓶ケアプランの作成を依頼します。

⓷サービス事業者と契約します。

⓸サービスを利用します。

※ケアマネージャーを選ぶ際のポイント※

⓵長期にわたって利用者の立場に立って、介護のあり方を考えてくれる。

⓶高齢者介護について、しっかりした知識と経験を持っている。

⓷地域のサービス事業者についての豊富な情報を持っている。

 

 

・老人ホーム等、施設入所を希望する場合

⓵利用する施設を選びます。

⓶入所(入居)を申し込みます。

⓷サービス事業者と契約します。

⓸サービスを利用します。

※施設入所(住宅型有料老人ホーム・介護付き有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅・グループホーム)に関しましては、横浜市ハピネス老人ホーム介護施設紹介センターにお任せください※

 

要支援1・2の認定を受けた方

⓵地域を担当する地域包括支援センターに介護予防ケアプランの作成を依頼します。

⓶サービス事業者と契約します。

⓷サービスを利用します。

 

簡単ではございますが、介護サービスを利用するまでの流れを説明させていただきました。

疑問や質問などございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

次回も宜しくお願い致します。

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム介護施設紹介センター

藤井

 

 

 

 

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP