老人ホームで提供される食事形態について

老人ホームで提供される食事形態について

老人ホームで提供される食事形態について

 

こんにちは、ハピネス老人ホーム紹介センター相談員の船木です。

老人ホームに入居される方にとって、一番の楽しみといっても過言ではないのが「ホームでのお食事」です。

ホームページやパンフレット等を見ていると、見栄えの良い美味しそうなメニューがずらりと並んでいます。

日々のお食事から、イベントなどでの特別食など、食欲をそそられるメニューを提供されている施設がたくさんあります。

毎日のお食事をおいしく食べられると、日々の生活が充実してきますので、施設選びにとって「食事」は重要な要素の一つといえます。

 

ただここで注意していただきたいのが、ホームページやパンフレットに掲載されている写真の多くが、常食といわれる嚥下に問題がない方用のお食事メニューだということです。

入居された当初は、かむ力や飲み込む力に問題がなくても、時間が経つにつれて、かむ力や飲み込む力が衰えていってしまうこともあります。

多くの施設が、きざみ食やソフト食、ミキサー食といった介護食に対応されていますが、お料理の写真や説明が掲載されておらず、常食の方と別のメニューであったり、メニューのバリエーションが少なかったりする場合もあります。

介護食にまでこだわっている施設では、常食の方と同じメニューを食べやすい形態にアレンジし、綺麗に盛り付けて提供してくれる施設もあります。

施設を選ぶ際は、是非とも常食だけでなく、介護食まで見ていただけたらと思います。

 

最後に、代表的な介護食を紹介させていただきます。

 

  • きざみ食

 

料理を細かくきざんだお食事です。かむ力が衰えてしまった方に提供されます。

 

  • ソフト食(やわらか食、軟菜食)

 

やわらかく煮込んだり、食材をミキサーにかけペースト状にしたあとに、ゼラチンなどで固めたお食事です。歯茎や舌でつぶせるようなやわらかさで、かむ力も飲み込む力も衰えてしまった方でも召し上がれます。

 

  • ミキサー食

 

食材をミキサーにかけてペースト状にしたお食事です。かむことも飲み込むことも困難な方に提供されます。

 

 

 

お食事は、美味しいだけでなく、安全に召し上がれることも大切です。

美味しく・安心してお食事を食べられることも、老人ホームに入居されるメリットの一つなのではないでしょうか。

 

 

 

今回は、「老人ホームでのお食事」にピックアップしてご紹介いたしましたが、他にも施設を選ぶ際の様々なポイントがあります。

 

・どんな施設を選んだら良いのか分からない。

・施設を選ぶ際、どのようなポイントに気を付ければ良いのか分からない。

 

そんなお悩みをお持ちの方は、是非とも「横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター」までご相談ください。

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP