どのタイミングで施設に入れば良いの?

どのタイミングで施設に入れば良いの?

皆様こんにちは、横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの福島です。

本日は「介護施設に入るタイミング」についてお話させていただきます。

暑い日が続いておりますが、今年は熱中症で救急搬送された方が昨年の半分程度になっているそうです。これはコロナの影響で外出が減ったことが関係しているようですね。

そんな中でも熱中症で救急搬送されてしまった方の半数以上は65歳以上の高齢者だそうです。

高齢者の方の一人暮らしで、「私は元気だから大丈夫♪」とお考えの方も多いと思います。

しかし元気な方だからこその不安があります。

それは一人で何でもできるので、家に誰も来ない日が続くことです。

家で暮らされている介護が必要な方でも、ヘルパーさんなどが出入りする方の場合、万が一家で倒れていたとしても誰かが発見してくれる事で緊急時の対応が早くなります。しかし、お元気な方の場合家で一人で倒れてしまったら緊急の対応が遅れてしまうケースが考えられます。

 

 

でも、施設ってお手伝いが必要な方ばかりでしょ?

自由に外出や外泊は出来ないんでしょ?

自分はまだお世話になる必要はない。

このようにお考えの方も多いかと思います。

安心してください!

元気な方がたくさん暮らしている介護施設があります!

 

 

ご自身の意思でお買い物などの外出や旅行などの外泊の出来る介護施設があります!

 

 

無理に手伝ってもらう必要もありません!

 

 

 

 

ちょっとした不安を解消したいだけの方でも、近くに見守ってくれる人がいて、困ったら相談に乗ってくれたり手伝ってくれたり。

お体に合った介護施設を選ぶことで、今以上に快適な暮らしが出来る様になっています。

 

 

最近一人だと困る事が多い。

そろそろ施設なのかな?

どんな介護施設があるんだろう?

気にはなるけどどうしていいかわからない。

 

そんな時には横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターにご相談ください!

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP