どちらを選ぶべき?介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム

どちらを選ぶべき?介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム

皆様こんにちは。ハピネス老人ホーム紹介センター 相談員の原口です。

 

今回は、有料老人ホーム 二つの種類、「介護付き」と「住宅型」の、選び方についてご説明させて頂きます!

 

 

ご利用者様3名に対して介護職員1人という、法律で定められた人員配置の基準などの制約が設けられているのが「介護付き有料老人ホーム」です。

「住宅型有料老人ホーム」にはそのようなルールはありません。

 

ですが、この二種類は、見た目での違いは分かりません。

大きく異なるのは「介護保険の使い方」です。

 

施設で行われるレクリエーションなど、施設の提供するサービスしか介護保険の範囲では受けられないのが、介護付き有料老人ホーム。

外部のデイサービスなど、介護保険を施設以外にも使えるのが、住宅型有料老人ホームです。

 

例えば、介護施設でリハビリをしたい、というご要望のある方の場合。

介護付き有料老人ホームを選ばれる場合は、施設の提供する介護保険を使ったサービスの範囲でのリハビリを受けられます。

個別リハビリを受けられる施設もあれば、集団リハビリを受けられる施設もあり、内容は施設によって様々です。

 

 

一方、住宅型有料老人ホームは、あくまでお部屋を借りて、そこに訪問介護や訪問看護に来て貰うという方式です。

そのため、リハビリに特化したデイサービスなど、介護保険の範囲で、主にデイサービスなど外部のサービスを自由に取り入れることが出来ます。

 

「お身体の状態が重い方に、住宅型有料老人ホームは適していないのでは?」と思われるお客様も多くいらっしゃりますが、介護保険をどのように使いたいかによって決められるのも判断材料の一つです。

 

私達ハピネス老人ホーム紹介センターは、施設への見学も同行させて頂き、入居される方にどのような施設が適しているのか、一緒に考えさせて頂いております。

 

施設探しのお手伝いは、ぜひハピネス老人ホーム紹介センターへ、お気軽にお問合せ下さい!

 

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP