日常的に医療行為が必要な方の老人ホームご入居について

日常的に医療行為が必要な方の老人ホームご入居について

皆様こんにちは!

ハピネス老人ホーム紹介センター 相談員の原口です。

今日は、老人ホームにおける医療についてお話したいと思います。

 

私達紹介会社は、日常的に医療行為の必要な方も、老人ホームにご案内しています。

 

お食事を口から摂ることが出来なくなってしまい、胃やお鼻から栄養を取られる方、腎臓にドレーンの入っている方、排泄をバルーンやストマでされている方、たんの吸引が必要な方、気管切開をされた方、人工呼吸器が必要な方等、多種多様な医療行為を必要とされる方がいらっしゃいます。

 

 

そういった医療的な処置を必要とされる方でも、有料老人ホームへのご入居をご希望される方は、数多くいらっしゃいます。

その目的として、介護施設でリハビリをしたい、病院より生活感や周りの人から刺激を受けられる生活をして欲しい、など、ご要望は様々です。

 

実際のところ、介護施設によって、対応できる医療行為は全く異なります。

24時間看護師の居る施設でも、運営法人が医療機関である施設、クリニックが併設されている施設、癌末期の方や難病の方のみ受け入れている施設。

リハビリが出来る施設でも、個別リハビリを自費でたくさん受けられる施設、日々のレクリエーションに機能訓練をたくさん取り入れている施設、生活リハビリに力を入れている施設、嚥下訓練の出来る施設など、多種多様です。

 

 

ご高齢の方、お一人お一人のお身体の状況によって、必要とする医療、介護、リハビリは異なります。

 

私達相談員は、病院や老健などの機関と施設間での、医療と医療を繋ぐ役割を担う存在として、お一人お一人の社会的、経済的、身体的状況の中から、総合的にベストなご提案を出来るよう、日々努めています。

入院中の方で退院先のご自宅での生活にご不安を感じられている方や、お家に帰る前にリハビリを行いたい方、ぜひお気軽にハピネス老人ホーム紹介センターまでご相談ください。

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。
PAGE
TOP