統合失調症とは

統合失調症とは

皆さんこんにちは!

横浜市ハピネス老人ホーム介護施設紹介センター相談員の安中です。

 

 

今回のお役立ち情報は『統合失調症について』お伝えさせていただきます。

 

 

統合失調症とは

思考、感情、知覚、感覚、言語および行動における

他者との違いよって特徴付けられる症状を持つ、精神障害の一つです。

 

この精神障害は「統合失調症スペクトラム障害」の一つであり、

症状が進行しやすいといわれています。

 

 

 

 

日本では2002年(平成14年)まで、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼称されており

2002年から「統合失調症」という呼称に改訂されました。

 

 

世界各国では、生涯のうちに統合失調症にかかるのは人口の

約100人に1人が統合失調症であると報告されています。

統合失調症はとても患者数の多い、身近な病気です。

 

 

 

 

なぜ統合失調症になってしまうのか。

原因はわかっていないと言われております。

 

そして患者は「自分が統合失調症だ」という認識がないことが多いです。

 

 

統合失調症には人それぞれ症状に違いがあります。

そして発症年齢によっても症状が変わります。

近年はお薬による治療(薬物療法)や心理社会的ケア(作業療法)(レクリエーション療法)が大幅に進歩し、

日常生活をおくれるまでに回復している人もたくさんいます。

 

早期発見や早期治療、そして再発を予防するために治療を継続することが大切です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター  相談員 安中理緒

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP