入居一時金の仕組みについて

入居一時金の仕組みについて

みなさまこんにちは、横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター松尾です。

今回のお役立ち情報は入居金について書かせていただきます。

 

老人ホーム入居に際し、必ず関わってくるのが入居一時金でついてだと思われます。

私もご家族様と面談させていただく際に多くの方が入居金について尋ねられることが多いです。

 

実をいうと私も老人ホーム紹介業を始めたばかりの時は理解するのに時間がかかっていました。

「老人ホームが得をしたいから高額な入居一時金を設けているだけではないの」

「高い老人ホームはどこも入居金プランを設定しているのだろう」

恥ずかしながら私が老人ホームの入居一時金に関して抱いていた感情です。

 

 

ここからは具体的に入居一時金について説明させていただきます。

老人ホームでの施設利用料は、「家賃」「水光熱費」「食費」「管理費」などが含まれます。

入居一時金はこの中の、「家賃」の一部を先に払うという仕組みです。

【入居金0円プラン】

家賃10万円、食費5万円、管理費2.5万円、水光熱費2.5万円

合計月額利用料20万円

 

【入居金300万円プラン】

家賃5万円、食費5万円、管理費2.5万円、水光熱費2.5万円

合計月額利用料15万円(5年目以降も15万円のまま)

 

〇入居金内訳

「家賃の5万円」×「60か月分」=「入居一時金300万円」

※60か月償却の場合

 

例えば60か月償却であった際は60か月(5年)目以降も同じ老人ホームで過ごされる方にすると毎月支出額が少なく済むのでお得になります。

 

ここで注意していただきたいのは、初期償却がある老人ホームがほとんどという事です。

初期償却というのは入居一時金でいただいた金額の20~30%を最初に償却します。というものです。

例えば300万円のうち初期償却30%の場合は以下の通りです。

 

300万円のうち30%の90万円は初めに償却され、60か月経つ前に退去した場合残りの210万円から残っている分のみ返金。

 

少し難しい話になりましたが、「入居一時金=悪」というわけではなく、入居者様次第ではかなりお得になるものになります。

 

入りたい施設は決まっているが、入居一時金プランで入居しようか、0円プランで入居しようか迷っている方など、一度横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターまでご連絡ください。

 

私たちは皆さまの安心した老人ホーム探し、老人ホームでの生活をサポート致します。

 

拙い文章になりましたがご拝読ありがとうございました。

 

 

 

ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 松尾

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP