サ高住と住宅型の違い

サ高住と住宅型の違い

みなさんこんにちは!

ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター相談員の

木村祐太です。

今回は老人ホームを探していると皆さん必ずと言っていいほど疑問を抱く、

サ高住と住宅型の違いについてご説明させて頂きます。

住宅型有料老人ホームは、自立した生活を送れる方や要支援、あるいは要介護が低い高齢者向けの施設

介護が必要な場合は、外部の介護サービスを別途個別に契約します。

住宅型有料老人ホームの大きな特徴は、イベントやレクリエーションなどが充実している点です。

また、食事や掃除、洗濯などの生活サポートが一体となって提供されるのも住宅型有料老人ホームのポイント。

中には、入居者の満足度を高めるコンシェルジェやフロントサービスを採用している施設もあります。

サービス付き高齢者向け住宅は、基本的には介護の必要性がない高齢者向けの住宅です。

そのため、生活の自由度が高いのが大きな特徴。キッチンや浴室が併設されている個室も多く、

食事や入浴なども入居者の好きなときにおこなえます。

介護サービスが必要な場合は外部サービスを別途個別に契約することができますが、

施設によっては、「介護型」と呼ばれる介護サービスが提供されているサービス付き高齢者向け住宅も。

介護型の場合は、身の回りの生活支援に加えて、介護スタッフの24時間常駐、看護師の日中常駐

介護向けレクリエーションの開催、リハビリなど、介護が必要な方でも安心して暮らすことができます。

住宅型有料老人ホームに入居する際は、多くの場合に初期費用となる入居一時金が必要です。

しかし、現在は初期費用が0円の施設も増えてきており、比較的入居しやすい傾向にあります。

一方、サービス付き高齢者向け住宅は「一般型」「介護型」でわけられ、「一般型」の場合、

通常の賃貸借契約と同様に敷金として賃料の2~3カ月分に設定されており礼金や更新料は不要。

「介護型」の場合、初期費用として数十~数百万円ほどかかるのが一般的です。

 

いかがでしたでしょうか!住宅型とサ高住は似ているようでそれぞれメリットデメリットがしっかり御座います。

ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターではそのような説明だけでも丁寧にご対応致します。

介護施設のお探し、悩みなどいつでもご連絡ください!

ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 木村祐太

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP