「睡眠」について

「睡眠」について

皆さま、こんにちは!ハピネス老人ホーム紹介センター相談員の小河です。

 

今回のお役たち情報では、「睡眠」をテーマにお話しさせていただきます。

最近は蒸し暑く、なかなか寝苦しい夜を過ごされている方も多いのではないでしょうか。

 

「睡眠」は、ご高齢者の健康にとって、大変重要な生活習慣の一つです。

 

年齢を重ねるごとに、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと思うようには眠れなくなってきます。

 

ご高齢者は、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」や、早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」を引き起こしやすいです。

 

80歳以上のご高齢者の3人に1人が、何らかの睡眠障害を抱えているといわれております。

 

不眠が続くことは、年齢に関係なく心身ともにストレスですよね。

とくにご高齢者にとって不眠は、体力が著しく低下してしまい、日中の活動量が減少、さらにまた夜眠ることができなくなるという悪循環を生みだします。活動意欲が減ってしまうと、身体機能の低下や、物忘れの進行といったリスクが増大してしまいます。

不眠を解消するための対策として、規則正しい生活を心掛けることは大切です。

そのためにできる小さな対策としてあげられることが、

 

【日光をしっかり浴びる】ことです。

朝に日光を浴びることは、体内時計を働きかけ、体を活動状態に導く効果があります。

介護施設でも、朝の散歩を実施していたり、日光浴の時間を設けていたりする施設も多くあります。

運動量を増やすことを、すぐに実践するのが難しい方は、まずは規則正しい時間に起床し、太陽の光をしっかり浴びることから始めてみると良いでしょう。

 

少しでも参考していただければ、嬉しいです!

 

ちなみにわたしは寝ることが好きすぎて、暇さえあれば寝ていたところ、中学の3年間で20cm背が伸びてしまいました。入学のとき真ん中の方だったのに、気が付いたら1番後ろでした。寝る子は育つは本当ですね。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました!

 

 

 

ハピネス老人ホーム紹介センター 相談員 小河

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP