COPDとは?

COPDとは?

皆様こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターの大竹です。

本日はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)についてお話しさせていただきます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは、主にタバコの煙などの有害物質を

長年吸い込み続けることが原因で肺に炎症が起こる病気です。

有害物質が長期間にわたって肺を刺激すると、細い気管支に炎症が

起こり(細気管支炎)咳や痰が多くなります。

その結果、気管支の内側が狭くなってしまい空気の流れが悪くなります。

有害物質が肺胞にまで及んで炎症を起こすと、細胞の壁が破壊されてしまい

弾力がなくなり(肺気腫)空気をうまく吐き出せなくなってしまいます。

 

この様に、COPDは細気管支炎や肺気腫により酸素不足を起こし息切れを起こす病気です。

病気が進行すると日常生活にも支障をきたすようになります。

具体的な症状としては、着替えなどの日常動作ですら息切れを起こす。

呼吸で体力を消耗し過ぎてしまい、食欲不振、体重や筋肉の減少。

これらの症状が続き、筋力や体力が低下したことで寝たきりになってしまいます。

COPDは完治が望めない病気ですが、きちんとした治療をすることで

病状をコントロールすることが可能です。

治療は現在の症状の改善と体力の維持、今後のリスクを減らすことを目的で行います。

 

治療法は以下のものになります。

・禁煙

・薬物療法

・ワクチン接種

・呼吸リハビリテーション

・在宅酸素療法

COPDの最大の原因は喫煙です。

日本でのCOPDの原因の90%以上が喫煙によるものだと言われています。

しかし禁煙によってほとんどのCOPDは予防可能ともいわれています。

ご自身のお身体のためだけでなく、ご家族のためにも

まず禁煙から始め元気な肺を維持することに努めてみましょう。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

 

ハピネス老人ホーム紹介センター 大竹

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP