年金について

年金について

皆様こんにちは。ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター松尾です。

本日は年金についてお話しさせていただきます。

 

 

公的年金には、国民年金と厚生年金があります。

まずは国民年金についてお話しさせていただきます。

 

 

国民年金

1961年に始まった「国民皆年金」のことで国内に住所をもつ20~60歳のすべての方が加入する。

一定の受給資格を満たすことで老後に「老齢基礎年金」を受給できます。

 

厚生年金

サラリーマンや公務員の方が被保険者となり、会社が半分負担してくださります。

頂ける年金は「老齢厚生年金」と呼ばれ、国民年金にプラスされいただけます。

 

 

上記の2つ以外にも遺族年金、障害年金というものがあります。

 

遺族年金

国民年金、厚生年金の被保険者がお亡くなりになった際に遺族が受け取れる年金のことになります。

被保険者が生前25年以上年金加入者という条件があります。

 

障害年金

疾病やけが等の理由で仕事等に支障をきたす場合に支給されるもの。

加入している年金によりますが、厚生年金加入の場合、障害3級で障害厚生年金のみ、2級以上で障害厚生年金にプラスされ支給されます。

 

 

年金受給のタイミングは65歳から。

60歳からの繰り上げ、70歳からの繰り下げも可能です。

平均受給額は月で国民年金約5.5万円、厚生年金で約14.7万円となっています。

 

 

最後までご拝読有難う御座いました。

ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 松尾

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。
PAGE
TOP