これからの季節に気を付けたい感染症

これからの季節に気を付けたい感染症

こんにちは、ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの船木です。

最近、急に寒くなってきましたね。

特に朝晩と日中の温度差が激しいので、体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、これからの季節に流行しやすい感染症を紹介していきたいと思います。

 

 

冬に流行する感染症として最も知られているのがインフルエンザではないでしょうか?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスを病原とする肺と気道の感染症です。

高熱や頭痛、関節痛、筋肉通といった症状が特徴のA型と、消化器系の症状が特徴で、高熱がでないこともあるB型とがあります。主な感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けることにより、予防効果が期待できます。

 

 

続いて紹介するのが、ウイルス性胃腸炎です。ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルス等に感染することにより、嘔吐や下痢の症状がみられます。

ノロウイルスは一年を通してみられますが、冬に特に流行します。発症すると症状も強く、日本でも毎年1万人近くの感染者がみられます。主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。食品や手指などを介して口から感染し、腸管で増殖します。一番の予防策は手洗いをしっかりすることです。

 

 

最後に紹介するのがRSウイルス感染症です。RSウイルスを原因とする呼吸器の感染症で、気管支炎や肺炎などの症状が現れます。主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。ほとんどの感染者は乳幼児ですが、高齢者にも重症の下気道炎を起こす原因となっています。大人は軽い鼻風邪程度で済みますが、感染力が強いので、知らないうちに乳幼児や高齢者にうつしてしまったり、保育園や老人ホームでの集団感染など注意が必要です。

 

 

冬は低温・低湿で、ウイルスにとって活動しやすい環境が揃っています。加えて、人の体も寒さのため体温が下がり、免疫力が低下します。喉や気管支の粘膜が乾燥することもウイルスに感染しやすい原因となります。

当たり前のことではありますが、睡眠をしっかりとること、栄養バランスの良い食事をすること、手洗い・うがいをしっかりすること、そしてマスクを着用することが感染症の予防につながります。ハピネスでも感染症対策に全力で取り組んでおりますので、何かお困りごとがありましたら安心してご相談ください。

 

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。
PAGE
TOP