年明け、コロナ、施設・ホーム探しの上で

年明け、コロナ、施設・ホーム探しの上で

みなさま

新年あけまして、、

今年も宜しくお願い致します。

 

逗子市在住、

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターで相談員をさせていただいております、

久野 千沙翔(くのちさと)です。

 

 

(逗子海岸にて、休日の午前、時間を気にせず過ごします)

 

年が明けて、

更に寒さが厳しくなる中、

コロナウイルスの感染増大も弱まる気配は一向になく、不安な日々が続いていますね。

 

そのような中、

変わることなく、

私はハピネス相談員として、

突然の病院への入院や退院、そして施設やホーム探し、、、、

限られた時間の中で、沢山の疑問や不安を抱え、

何とか理解・納得を急ぎ、急がされながら、

ご入居へ向かうご本人やご家族とお会いする毎日です。

 

 

施設・ホーム探しをする上で、

まずは、どのような主治医の先生に出会い、看護師さん、ソーシャルワーカーさん、ケアマネージャーさん、介護さん、相談員等々、、、

 

どのような“人”に出会えているかということが、

やはり一番に重要になると感じています。

 

 

よく、ご家族にお会いする際に、

『“いい施設”というものは、存在しないと思っています。』

とお話させて頂く事があります。

それは、あるご家族にとってとても良い、最適な施設さんも、

他のあるご家族にとっては、なんだかウマが合わない、“カラーが違う”施設さんになってしまうこともあるからです。

 

“このご家族だからこそ、あの施設長さんのいる施設さん”

“今このようなお身体の状態だからこそ、あの看護師さんがいてくれる施設さん”

“金銭的なご事情を抱えているからこそ、あのケアマネージャーさんがいてくれる施設さん”

 

等々、理由は多くありますが、

決して、羅列できる条件だけの施設探しや施設提案ではなく、

“人ゆえの”

生きたもので、

私感ではありますが、

そのご本人・ご家族によって、“いい施設”は変わってくるものであると常々感じています。

 

その為、

ご本人・ご家族とお会いさせて頂く面談や、日々の連絡のやりとりは

何よりも大切なものになります。

その為、時間も必要なだけ、とらせて頂いております。

 

最初の面談時に3時間、4時間頂くこともあります。

毎日電話連絡・メールでのやりとりをさせて頂く方もいらっしゃいます。

 

人の人生がそれぞれあり、

家族のカタチもそれぞれであるように、

必然的に、施設・ホーム探しのお手伝いのカタチもそれぞれなのだなぁと

感じさせて頂く毎日です。

 

施設・ホーム探し真っ最中の方々とお会いした際には、

そのご本人やご家族にとって、

今回の退院・施設探し・ご入居が,

“いいご縁”になるよう、

お手伝いさせて頂ければと思っております。

 

施設・ホーム探しの際には

是非一度

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センターに、お越しください。

 

それでは、

みなさま、

いつ、誰が感染してもおかしくない、大変な世の中となってしまいましたが、

お身体だけは、本当にご自愛くださいませ。

 

逗子海岸は、昼も夜も、

変わらずに

穏やかで、優しいです。

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター

相談員 久野 千沙翔

あなたにあった最適な老人ホームや介護施設をご提案いたします。
小さな悩みや疑問でもお気軽にお伝えください。
PAGE
TOP