おじいちゃんおばあちゃんの死に目には会いたいのだけれど、連絡してくれますか?

■死に目に会うことはできるのか?

老人ホームにはたくさんの高齢者がいらっしゃいます。
その中で毎日病気になったりケガをしたり、様々な出来事があるのです。
そんな時、様々な原因でお亡くなりになられてしまうケースもありますが、お亡くなりになられる前に介護士から連絡をしてもらって死に目に会うことはできるのでしょうか?
最後の瞬間に立ち会えるかどうかはその施設での連絡体制などにも影響されますが、死に目に会うことはできる場合とできない場合があります。
■老人ホームのターミナルケアについて事前に確認しておく

たくさんの高齢者がいる老人ホームでは亡くなってしまう方もいらっしゃいます。
介護の現場では医師からもうあまり長くないことを診断され、病気を治すことではなくその痛みなどを出来る限り緩和し、残りの時間を充実したものにすることを目的として「ターミナルケア」が実施される場合があります。
もちろん、このターミナルケアは本人や家族の了承を得た上で行われます。
ターミナルケアでは、入居者の状態をしっかりと把握しておくことで状態が悪化してしまった場合、すぐに対応することが出来るようにしています。
そのため、家族へ比較的早めに連絡が行き、死に目に会える可能性も高くなります。
これは施設によってもターミナルケアを行っているのか、それともすぐに救急措置を行なうことになるのかは異なるため、事前に施設側に聞いておくことが重要です。
■連絡ができない場合もある

ターミナルケアでは常日頃から入居者の体調管理を行っているため、家族への連絡が事前に行きやすい場合があると上記で書きましたが、実は家族への連絡が遅れてしまう場合があります。
それは深夜から早朝にかけての時間帯です。
この時間帯は夜勤者のみとなっており、昼間に比べると介護士の数は少なくなっています。
そのような時に容体が急変すると病院や医師へまずは連絡が行われますが、介護士は他の入居者へのケアも行わなくてはならないため、家族への連絡が遅れてしまう場合があるのです。
ついさっきまでは普通だった方でも容体が突然急変してしまうことはあります。
しかもそれが働いている方の数が少ない時間帯になってしまうと、忙しく動くことになるので連絡がなかなか出来ない状態になってしまうのです。

このように、ターミナルケアを実施している老人ホームでも、必ず死に目に会うことが出来るかどうかと言われると、一概に言うことは出来ません。

縁側でくつろぐ夫婦のイラスト

 

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP