お酒が飲めたり、長生きしなくていいから自由にできる老人ホームはありますか?

お酒を飲む事が好きな方や親がお酒が好きだったりすると、老人ホームに入ってもお酒を飲む事が出来るのか疑問に思いますよね。
また、タバコに関してもそうです。
長年お酒やタバコと付き合ってきたのであれば、やめるのも大変ですし余生は自分の好きなように暮らしてもらいたいとも思うでしょう。
老人ホームに入居しても自由に暮らす事が出来るのか、ご紹介したいと思います。

■施設によって違うので確認が大切です
老人ホームだと、集団で行動する事も多いのでお酒やタバコを禁止している施設も多くあります。
ですが、場所や時間などを制限する事で許可されている場合もあるようです。
お酒に関しては、自室での飲酒が禁止されていたり、各種イベントなどの時にお酒を提供しているなど施設によって工夫がされています。
タバコに関しては、健康への悪影響や副流煙による煙草を吸わない人への影響も考えられ、禁煙になっていたり、特定の場所でしか吸う事が出来ないなどの対策がされています。

■制限されていない施設もあります。
一部の有料老人ホームでは、お酒も煙草も制限を設けていない施設もあります。
ある程度自立している人が多い施設が多いようです。
中には、施設の中にバーなどの飲酒を楽しむ事が出来る所もあります。
また、定期的にイベントを行っていて夕食後に入居者が集まってお酒や軽食などが楽しめる機会を設けている施設もあるようです。
お酒が好き、タバコが好きという方はこのような施設を探してみましょう。

■迷惑行為の可能性が懸念される
グループホームは、飲酒が禁止されている所が多いです。
なぜなら、認知症の人が症状の改善や維持を目的としてグループに分かれて共同で生活をしているため、他の入居者に迷惑をかけたり集団行動が出来ないなどの問題が起こってしまう可能性があるからです。
中には制限を設けている所もありますが、グループホームでは厳しい事が多いようです。

■本人が大丈夫でも…
施設で禁止していなくても、先生から飲酒やタバコを禁止されていたり、家族が止めさせたいとの考えを持っているのなら、入居者はお酒も煙草も禁止となります。
飲酒をして暴力や暴言を吐いてしまった場合などは、他の入居者にも迷惑が掛かってしまうので、最悪の場合退去となる可能性もあります。
また、お酒も煙草もしない方にとっては、匂いや雰囲気だけで気分が下がってしまう事もあります。
なので、自分に合った施設を見つける事が1番大切です。
施設の見学に行った時などに、お酒を飲む事が出来るか、喫煙が出来るかなど確認を取りましょう。

いかとっくりのイラスト

 

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP