生活保護でも有料老人ホームに入居できますか?

■生活保護を受けていても有料老人ホームへ入れる

様々な理由で生活が困難になり、生活保護を受給している高齢者は増加傾向にあります。
そして、介護サービスを提供する有料老人ホームでも、生活保護受給者の受け入れ可能の施設も少しずつ増えているのです。
しかし、現状では受け入れ可能な施設は少なく、入居可能な施設であっても条件など注意点もあります。
その注意点は以下のものが挙げられます。
・毎月の受給金額について
・受給市区町村について
・担当相談員との相談は済ませてあるか
今回はこの注意点について説明をします。
■毎月の受給金額について

有料老人ホームの場合、特別養護老人ホームより月額料金が高く、毎月15万円前後の費用が必要です。
しかし、生活保護受給者の場合は受給額は平均12万円程度と言われています。
また、生活保護受給者が入居する際には2つの料金形態があります。
・費用を全て生活保護受給費でまかなう事を原則に、受給額の加減設定がある施設
・受給額が月額料金を満たさない場合、不足分を親族から補ってもらう形態の施設
このように、受給額を加減設定できる老人ホームか、不足分は親族から出してもらう料金形態となるので、入居相談時に受給額の明細などが必要です。
■受給市区町村について

生活保護の受給額には、地域によって差があります。
特に都心に近いと物価に合わせて受給額も上がりますが、都心から離れると物価の低下に合わせて支給額も少なくなってしまうのです。
なので、支給額が少ない地域からの入居の場合は、入居を断られてしまう事があります。
■担当相談員との相談

生活受給の際は、必ず担当相談員がつきます。
なので、有料老人ホームへ入居を希望する際は、その意志や希望なども事前に相談しておくと、スムーズに入居ができる可能性があるのです。
また、担当相談員だけではなく親族との話し合いも大切になります。
その理由は、受給額の加減ができる施設なら良いですが、できない施設だと月額料金が支給額よりも高いと親族からの負担が必要だからです。
生活保護受給者が老人ホームに加入するには、周囲の人々からの協力も必要不可欠だと言えます。
生活保護受給者でも快適に老後をホームを過ごすためにも、親族の協力や適した老人ホームを見つける事が大切です。
また、入居の際には入居一時金の一括支払いが必要になる事もありますが、地域によって安い、または入居一時金が不要な施設もあるのでしっかり調べておきましょう。

■生活保護を受けていても有料老人ホームへ入れる

様々な理由で生活が困難になり、生活保護を受給している高齢者は増加傾向にあります。
そして、介護サービスを提供する有料老人ホームでも、生活保護受給者の受け入れ可能の施設も少しずつ増えているのです。
しかし、現状では受け入れ可能な施設は少なく、入居可能な施設であっても条件など注意点もあります。
その注意点は以下のものが挙げられます。
・毎月の受給金額について
・受給市区町村について
・担当相談員との相談は済ませてあるか
今回はこの注意点について説明をします。
■毎月の受給金額について

有料老人ホームの場合、特別養護老人ホームより月額料金が高く、毎月15万円前後の費用が必要です。
しかし、生活保護受給者の場合は受給額は平均12万円程度と言われています。
また、生活保護受給者が入居する際には2つの料金形態があります。
・費用を全て生活保護受給費でまかなう事を原則に、受給額の加減設定がある施設
・受給額が月額料金を満たさない場合、不足分を親族から補ってもらう形態の施設
このように、受給額を加減設定できる老人ホームか、不足分は親族から出してもらう料金形態となるので、入居相談時に受給額の明細などが必要です。
■受給市区町村について

生活保護の受給額には、地域によって差があります。
特に都心に近いと物価に合わせて受給額も上がりますが、都心から離れると物価の低下に合わせて支給額も少なくなってしまうのです。
なので、支給額が少ない地域からの入居の場合は、入居を断られてしまう事があります。
■担当相談員との相談

生活受給の際は、必ず担当相談員がつきます。
なので、有料老人ホームへ入居を希望する際は、その意志や希望なども事前に相談しておくと、スムーズに入居ができる可能性があるのです。
また、担当相談員だけではなく親族との話し合いも大切になります。
その理由は、受給額の加減ができる施設なら良いですが、できない施設だと月額料金が支給額よりも高いと親族からの負担が必要だからです。
生活保護受給者が老人ホームに加入するには、周囲の人々からの協力も必要不可欠だと言えます。
生活保護受給者でも快適に老後をホームを過ごすためにも、親族の協力や適した老人ホームを見つける事が大切です。
また、入居の際には入居一時金の一括支払いが必要になる事もありますが、地域によって安い、または入居一時金が不要な施設もあるのでしっかり調べておきましょう。

お爺さんを介護している女性のイラスト

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP