老人ホームは行事食は食べられますか?

■食事は老人ホームの楽しみの一つ

老人ホームに入居されている方には、毎日の食事を楽しみにしている方は多いです。
毎日変わるメニューも楽しみですが、もちろん老人ホームでは行事食を提供しているところもたくさんあります。
ただ食事を楽しむだけではなく、老人ホームで行事食を行う事に目的があるのです。
その目的はいったい何なのかご紹介します。
■季節感を味わう目的
老人ホームでの生活は室内での生活が中心なため、外出の機会も少ないので季節感を感じられない入居者も少なくありません。
なので、しっかりと季節感を味わってもらうために行事食を提供しているのです。
例えば、夏になればそうめん、お正月になればおせつ料理などが提供されます。
料理によって季節を感じる事により、知能機能への刺激を与えて認知症の予防や遅らせる効果があるのです。
他にも、生活の質も向上する効果に期待できます。
■食欲の増進を促す

老人ホームでは高齢者の健康を考え、栄養バランスに優れて食べやすい料理が毎日提供されます。
しかし、そのような料理は単調気味になってしまい、同じ雰囲気での食事は食欲が減ってしまう入居者も多いそうです。
ですが、定期的に行事食を提供する事で食事に楽しみが生まれ、食欲増進を促して健康な体を維持する事ができます。
普段の食事はあまり食べない方でも、行事食では全部食べる事ができたという方も少なくないようです。
行事食には食事の楽しみを増やす意味でも大切だと言えます。
■生活の質が向上する

自宅で生活をしていれば、正月の準備や料理作りは自分で行う事ができます。
ですが、老人ホームで暮らす人々は自分一人で準備をする事は簡単ではなく、施設で働くスタッフの協力が必要です。
以前の老人ホームでは毎日同じようなメニューが提供されていましたが、季節に応じた行事食を提供する事によって生活の質も向上させる事かに期待できます。
行事食となると普段とは違った料理になるので、準備をするスタッフは大変ですが、楽しく食事をする入居者を見ると安心するようです。
このように、普段の食事とは別に行事食を取り入れる事により、季節感を味わったり食欲の増進といった、老人ホームでの生活に張り合いを持たせる事ができます。
生活環境が変わってしまうと様々な影響がでてしまいますが、1つでも楽しみな事が見つかると高齢者も安心して生活をする事が可能です。
老人ホームで快適に生活してもらうためにも、毎日の食事や行事食について確認しておくと良いでしょう。

楽しそうに食事をしている老人のイラスト

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP