老人ホームでのトラブルはどんなのがありますか?

親が老人ホームに入居してから元気がないなど、老人ホームに関してのトラブルは少ないとは言えません。
そんなトラブルの内容を少し紹介したいと思います。

■退去に関するトラブル
老人ホームで多いトラブルのひとつです。
パンフレットには「終身介護」と書いてあるのに、退去してくださいと言われた。などのトラブルは意外と多く、終身介護と書いてあるからと言って、一生その施設で暮らしていける保証はないのです。
なぜかと言うと、老人ホームにも種類があり自分や親が入居を決めた施設は重度の介護や認知症の方を受け入れる事が出来ない施設の場合があるからです。
また、長期的な入院が必要であったりなどの医療に関する依存度が高くなった場合は、老人ホームは病院ではない為、退去しなければいけません。
その他にも、大声や暴力行為など施設のスタッフだけではなく利用者にまで迷惑をかけてしまった場合も退去となってしまう可能性があります。
このようなトラブルは、入居前に必ず確認する事が必要です。
退去になるラインはどこかをしっかりと聞きましょう。

■お金に関するトラブル
施設利用にはお金がかかる事はご存知でしょうが、そのお金に関してのトラブルもたくさんある事が現実です。
施設に入居する前には「入居一時金」を払わなければいけないのですが、もし退去する時になったら入居期間に応じて返却される仕組みになっています。
ですが、少しの期間しか入居していないのに少ししか返却されなかったりなどの問題が増えてきています。
契約内容に記してある事がほとんどですが、確認していなかったり施設側から説明を受けていなかったなどの可能性もあります。
入居する時にはきちんと確認し、納得がいくまで説明してもらう事が大切です。
また、月額費用が全然違ったなどの問題もあります。
消耗品や医療費などは別途費用が掛かる事がありますので、月額費用の中には何が含まれているのかをしっかりと確認しましょう。

■介護サービスについてのトラブル
度々ニュースなどでも問題になりますが、スタッフから利用者に向けての暴言や暴力の他にも、スタッフの人数が少なく利用者とのコミュニケーションが取れていない、掃除が行き届いていないなどの問題もあります。
パンフレットにはレクリエーションが豊富と謳っているのに全く無かったりなど、施設とのトラブルがあった場合には改善が出来ないか依頼する事が大切です。
依頼する事で状態が悪化しそうな場合などは、相談センターなどに相談する事も可能です。
また、体験入居をする事でスタッフの性格や仕事の仕方は分かります。
入居を決める前には、数か所老人ホームを体験する事が1番大切ですので、必ず行うようにしましょう。

このようにトラブルはたくさん報告されています。
入居の前には、きちんと施設の事を勉強し確認をする事が大切ですので、慌てずに老人ホームを探しましょう。「フリー 老人」の画像検索結果

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP