横浜市内も施設閉鎖!?インフルエンザの対策と予防!

こんにちは。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センターの三浦です。

今日は暖かく、ニュースなどでは春一番が来たと、春の訪れを感じる一日となりました。けれど、まだまだ寒い日も続きウイルス感染などには十分気を付けなければなりません。

横浜市内の病院や介護施設では、インフルエンザによる病棟の閉鎖や介護施設の閉鎖が起こっています。

インフルエンザの潜伏期間は15時間から5日までと言われております。この期間の過ごし方によっては家庭内や職場はもちろん病院や介護施設でも感染が広まる可能性が高くなります。最悪感染のキャッチボールが始まり大変なことに。。。。
外からインフルエンザを持って来たあなたは軽症でも、体の弱いお子さんやお年寄りの方には重大な症状が出てしまうかもしれません。
あたり前なことですが、手洗いうがい。これしかありません。公共の場や病院、介護施設などでは殺菌とマスク対策を呼び掛けているところも多いですが、日々の予防が一番です。インフルエンザの潜伏期間の正しい知識を持って、一人ひとりの感染予防で、インフルエンザから皆を守っていきましょう!

手洗いうがいを心がけ、しっかり家庭内での感染を防ぎましょう。

横浜市ハピネス老人ホーム・介護施設紹介センター 三浦illust1286

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP