どれがいい介護施設なのかわかりません!良い介護施設とはなんですか?

■スタッフの対応を事前に確認しよう
老人ホームに入居しようおと考えているけど、何に注意して選べばいいのかわからない。
そんな時には、スタッフの対応をまずみてみましょう。
特に、有料老人ホームに入居する場合毎月の費用、一時金など様々な面で日y峰が発生します。
高いお金を支払ったのに、入居後対応が悪かったり、居心地が良くないなどで退去したいなどということになったら、損をしてしまいます。
こうならない為に、契約をする前にきちんと見学しましょう。
そこで、まず確認しなければいけないことは、スタッフの対応です。
いくら高いお金を支払い、充実した設備が整っている老人ホームに入居しても、スタッフの対応が悪ければ、居心地の悪い環境になってしまいます。
逆に、安い金額だけどスタッフの方が親身になってくれる老人ホームは、まるで家族と一緒に生活している気分になれるので、入居している人にとって居心地のいい場所になります。
このことから、スタッフの対応というのは生活をする上で一番の重要ポイントになるので、設備や費用よりもまず先に見ておくようにしましょう。
■いい老人ホームのポイント
少しでも安心できる老後を暮らす為には、いい老人ホームへの入居が必要になります。
その為には、いくつかのポイントをクリアしている老人ホームを見つけることが大切になります。

まず、施設がどこまで対応してくれるのかを確認しましょう。
そこで重要になってくることは、入浴、食事、介護サービスになります。
これらは、生活をする上で一番重要なことであり、これをきちんとできない老人ホームは責任者の監督の仕方が悪いと言えます。
見学をする時は、責任者と面談ができるかも確認し、一度入居する前に会っておいた方がいいでしょう。

次に、入居率も把握しておきましょう。
85%以上入居率があれば問題ありませんが、60%以下で空き部屋が多い老人ホームは少し不安が残ってしまいます。
事前に、その老人ホームの口コミや入居されている方話などを聞いておくと、老人ホーム内の雰囲気や内情を知ることができます。

最後は、ホームの雰囲気やスタッフの対応力です。
見学をする時に、スタッフの方を実際に話をしてみたり、わからないことを質問してみましょう。
どのくらい答えることができるか、対応はどんか感じかなどを見極めることができます。
老人ホームによっては、体験入居することができるところもあるのでそういった機会を利用して、ホーム内の雰囲気を知るのもおすすめです。images

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP