老人ホームは何歳から入れますか?

■老人ホームに入居できるのはいつから?
自宅で介護ができなくなってしまう利用は様々ありますが、その時に便利なのが老人ホームなどの介護施設への入居です。
しかし、同じ老人ホームでも施設の種類によっては、入居できる原則も変わります。
老人ホームにはいつから入居できるのか分からない方のために、入居可能な年齢についてご説明します。
■特別養護老人ホームの場合

特別養護老人ホームとは、要介護度が3以上できる介護施設です。
重度の場合しか入居できない事が多いですが、費用が比較的に安いことから入居待ちが殺到しており、なかなか入居しずらいのが現状になります。
そんな特別養護老人ホームでは、原則65歳から入居が可能です。
また、要介護3以上なので寝たきりや車いすで、平均は65~70歳代の入居者が多いと言われています。
■介護老人保健施設の場合

介護老人保健施設とは、在宅復帰を目指す高齢者が入居できる、中間的な施設です。
原則的に要介護度が1以上で65歳以上であり、病状が安定している、入院治療が必要な事が入居の条件になります。
また、特定疾病に認定されている場合は、入居の基準を満たしているので40歳以上でも入居する事が可能です。
■有料老人ホームの場合

有料老人ホームでは、大きく分けて健康型と在宅型、介護付きの施設があります。
在宅型は特別養護老人ホームと似ていますが、ホームの外部による訪問介護会社やディサービス業者が施設内で介護サービスを受ける施設です。
介護付き老人ホームには様々な種類があり、要介護者が入居できる介護専門型や介護認定なしでも加入できる混合型があります。
また、介護サービスもケアスタッフが常駐している場合と外部からの2種類があり、受け入れ状況や介護サービスが幅広い特徴がある施設です。
最後に、健康型とは介護認定がない高齢者を対象とした、シニアライフを楽しむための設備が充実した施設になります。
これらの施設は特別養護老人ホームとは異なり、基本的に年齢制限はありませんが、60歳以上の受け入れが一般的です。
しかし、健康型の場合は基本的に自立している高齢者の受け入れが対象になります。
伝染病などの疾患がなく、身元引受人がいるといった入居条件を設定している施設も多いです。

imgres
このように、入居する施設の種類によっては60歳以上で入居する事ができます。
一般的に利用者は70歳以降が多く、また介護経験がない高齢者の入居が多いそうです。
つまり健康状態によって入居される方や、第二の人生を楽しむために有料老人ホームへ積極的に入居する人が多いと言えます。
原則で定められている年齢制限もありますが、入居基準を満たしているかも入居には欠かせないので注意しましょう。

PAGE
TOP