老老介護 問題

埼玉県警西入間署は25日、坂戸市浅羽、無職川島太郎容疑者(87)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表しました。
川島太郎容疑者は川島ユキさんの鼻や口を手で強く押さえつけ、殺害した疑いが持たれています。
その後、「介護に疲れて妻を殺した」と自身で110番通報しました。
妻のユキさんは約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。ユキさんは足腰が悪く、日常的な介護が必要な状態で、10年ほど前から川島容疑者が介護していたといいます。

老老介護が頻繁にニュースで取り上げられています。「都会に出ている40~50代の働き盛りの子供に迷惑をかけたくはない」や「老人ホームなどで他人に自分の生活を鑑賞されたくはない」など…様々な思いや意見がありますが、上記のような例はもしかしたら誰にも相談ができなかったのかもしれません。imgres

このようなニュースが出ないように私たちも全力でサポートしてまいります。

 

 

横浜市ハピネス老人ホーム紹介センター   木村

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP