一番安い老人ホームの種類はどれですか?

■費用をが抑えられる老人ホームとは?
予算の関係で、少しでも安く抑えられる老人ホームに入居したい・・・しかし、老人ホームには様々な種類があって、どこが一番安いのかわからないという人は多いです。
老人ホームでは、生活費、施設利用料、一時金など入居する前に支払わなければいけない費用があり、施設によって異なっています。
少しでも安い値段でと思った時は、特別養護老人ホームがおすすめです。
公的な施設が行っているので、費用を安くすることができます。
民間の有料老人ホームの場合は、料金が施設によって違ってくるので、どうしても設備などの違いで高くなってしまいます。
特別養護老人ホームへ入居する為には、介護が必要になる人が優先になります。
ですので、介護が必要ない方の場合は優先順位が下になってしまいます。
ただ、特別養護老人ホームは価格の面から人気傾向にありますので、早めに申し込みをしておいた方が安心できます。
■軽費老人ホームを知っていますか?
特別養護老人ホームの空きがなく困っている・・・という場合には、軽費老人ホームという施設もあります。
この施設は、社会福祉法人が運営している福祉施設のことで、有料老人ホームよりも低価格でサービスを受けられます。
軽費老人ホームがなぜ安いのか?
それは、介護サービス料金がプラスされていないからです。
実際に必要になる費用は、居住費、生活費、食費などとなり、もし自炊をすることができる場合には、食費はプラスされません。
他にも、居住費についても広さで価格が異なってきますので、広くなくこじんまりとしたところでいいという場合には、もっと安くすることができます。
軽費老人ホームの場合は、初期費用が掛かっても数万円、かからないところもあります。
月額料金に関しても、3万円~15万円前後と年金範囲で生活ができます。
これらの料金には介護費用が含まれていません。
ですから、もし介護が必要になった時には、他の業者に依頼をする必要があり、費用は別途かかってきます。
■入居後の生活が快適な施設を
老人ホームは、介護の度合いによっても入る施設や費用が異なってきます。
それに、施設によってスタッフの対応、人数、介護をしてくれるスタッフがいるかどうかも違います。
入居する人にとって、どんな施設が一番快適に暮らせるのかを考えて慎重に選ぶことがポイントになってきます。
ただ安いからという理由で老人ホームの入居を決めてしまうと、入居後不便な生活を強いられることになる場合もありますので、色々な老人ホーム見学してよりいい施設を探し入居するようにしましょう。

images

 

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。

<行動指針>
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。
<遵守項目>
  1. 1. 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。
  2. 2. 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。
  3. 3. 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。
  4. 4. 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。
  5. 5. 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。
  6. 6. 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。
高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度の「証明書」が公布されました。
PAGE
TOP